heart sketches

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

untitled 

DSC_2728.jpg
Nikon D7000 + Sigma 18-200mm F3.5-6.3Ⅱ DC OS HSM
スポンサーサイト

untitled 

DSC_2722.jpg
Nikon D7000 + Sigma 18-200mm F3.5-6.3Ⅱ DC OS HSM

untitled 

DSC_2744.jpg
Nikon D7000 + Sigma 18-200mm F3.5-6.3Ⅱ DC OS HSM

untitled 

DSC_2735.jpg
Nikon D7000 + Sigma 18-200mm F3.5-6.3Ⅱ DC OS HSM

untitled 

DSC_2737.jpg
Nikon D7000 + Sigma 18-200mm F3.5-6.3Ⅱ DC OS HSM

untitled 

PC090413.jpg
Olympus XZ-1

銅剣作り体験 

尼崎市の園田競馬場を望む猪名川沿いの田能という地区に遺跡があります。
その名も、田能遺跡というのですが、こちらは弥生時代の集落跡を復元したり、発掘品を展示したりと、施設としては非常に地味なのですが、ここの知る人ぞ知る特徴といえば、体験学習に力を入れていて、敷地内で古代米の田植えから収穫し、それを食べるというものや、土器や勾玉を作る体験、秋には復元住居での宿泊体験など、歴史ファンでなくても、興味の沸くイベントを積極的に行っています。

今回は、その中でも、日本でここでしか体験できない銅剣作りに長男と2人で参加してきました。
なぜ、ここでしか体験できないのか。。。
それは、銅剣を土の型枠から型を起こし、そこに溶かした青銅を流し込んで作る・・・この青銅を溶かして流すという作業が非常に危険を伴うためなのですが、ここ田能遺跡では、鋳込みの専門家を招いて安全に体験をさせてくれます。
ですので、毎回の募集人数も25人と少なく、年に一度の機会ですので、年々参加希望者が増えているようですが、今回運よく参加させてもらえることになり行って参りました。


PC020348.jpg
九州からお偉い学者の先生をお迎えして、弥生時代とはどんな時代だったのかや、その時に伝わった技術や道具の紹介、それを当時の人たちはどのように製作し、使いこなしたのか・・・そんな内容で、僕自身も非常にためになりました(笑)
-- 続きを読む --
thread: 写真日記 | janre: 写真 |  trackback: 0 | comment: 2 | edit

untitled 

IMG_0351.jpg
iPhone4S
thread: 撮ってみた | janre: 写真 |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

untitled 

IMG_0349.jpg
iPhone4S
thread: 夜景・夕景 | janre: 写真 |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

untitled 

PB230324.jpg
Olympus XZ-1
thread: 撮ってみた | janre: 写真 |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

untitled 

IMG_0346.jpg
iPhone4S

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。